語源および過去における用法 白川静によれば、処女は聖所を指す「処」に仕える年齢に達した女性で、ヲトメも本来「わちかへり」成人になった女性を表した。 漢語の「処女」の本来の解釈は、「処」は「居る」の意味であり、「結婚前で実家に居る女性」という意味であり、「未婚」と「性交の未経験」がほとんど同義語として捉えられていた[2]。以下、このような意味合いでの「処女」の用例をいくつか挙げる。 『孫子』から来た故事成語「始めは処女のごとく、後に脱兎のごとし」 以前は青年団等においてその女性組織を「処女会」と呼んでいた。 和語の「オトメ」(乙女)も「未婚の女性」という意味で使われることがあり、「処女」を「オトメ」と訓読することもある。また、万葉集では、「未通女」「童女」におとめの訓がある

処女,新人デビュー(GIF・ジフ)

ガチガチ真正処女、降臨。こじらせ系美少女の泣きじゃくりヴァージン喪失ドキュメント 初島うい ...

処女,エロ自撮り動画,SNS自撮り(裏垢)

職業  女子学生 年齢  20 場所  SNS 体型  むっちりしてるがくびれあり 胸   ...

SNS自撮り18歳,処女,女子学生,貧乳,SNS自撮り(裏垢)

枚数少ないけど需要はありそうな幼児体型な裏垢ちゃんです! 大体のデータ 職業  女子学生 ...